あらゆる分野を横断しスキルを上げる重要性

IT業界でフリーランスをして収入を上げていきたいと考えたら、自分が専門としてきた分野にこだわり続けない方が良い。さまざまな分野を横断してスキルやノウハウを得ることが、エンジニアとして重要である。
例えばネットワークエンジニアとして身を立ててきたという場合には、ただネットワークのハードウェアやソフトウェアに詳しいだけではフリーランスの人材としてあまり魅力がないという認識が広がってきた。
さらにデータベースについても詳しくなってビッグデータを扱えるようになったり、組み込み系の勉強をしてネットワークも生かしたIoTの開発を行えるようになったりすることが求められているのである。

一つの分野に長けているスペシャリストのエンジニアは多いものの、複数の分野に理解があるエンジニアは少ない。
しかし、現場にいる多分野のエンジニアたちを橋渡しする人材が欲しいというケースが増えてきているため、フリーランスの人材を現場に導入するという傾向が生まれてきているのである。人材として希少だからこそ待遇は高めになっていて、高単価で働ける仕事になっているのが一般的である。このため、自分が本来専門としてきた分野に加えて一つ補助的に活用できる分野を作るだけで飛躍的に収入を増やすことができる。

特に人気の高いデータベースやネットワークを関連付けた技術を駆使できるようになると活躍できる現場が多く、引く手あまたになって安定して働けるようになるメリットもある。つまり、トレンドや需要を察知し、エンジニアとしてスキルアップし市場価値を上げることが、収入アップに繋がるということである。そのことがまとめられているhttp://freelance-income.net/increase-unit-price/engineer02/を参考に、クライアントから依頼が殺到するようなフリーランスエンジニアを目指すといいだろう。