柔軟な対応力と提案力が求められる傾向

クライアントとしてはフリーランスの人材には柔軟な対応を求めていることが多い。同じ業務を専門業者のチームに任せることも可能である場合が多いが、あえてフリーエンジニアに任せているのには理由がある。費用的に考えてフリーエンジニアの方が安くて済む場合が多いというのも理由としては少なくない。

しかし、より重要なのが個人事業主に依頼した方が業者に依頼するよりもサービスに対して融通が利きやすいというメリットがあるからである。あるシステムの開発を依頼して、開発途中で仕様の変更を依頼しても適切に対応してくれると考えられていることが多い。
また、開発をしている過程でより良いシステムを思いついたときにはその提案をしてくれると期待している傾向がある。業者のスタッフのように企業側による束縛を受けないからこそ、より良いシステムを納品するために努力してくれると考えられているのがフリーランスの人材なのである。

その求めに応じられる対応力があると収入も高くなりやすい。期待されていた以上の成果を上げれば、それを追加報酬や継続の依頼という形で対応してくれるからである。
そのため、クライアントに対して忠実になると共に、要求に対して柔軟に対応できることを目指すと収入が増えやすい。
そして、さらに独自の考えを持って優れた成果を上げられるように提案を繰り返していける発想力と提案力があるとフリーランスの人材として重宝されるようになるのである。