自分一人でも働けるフリーランスの魅力

企業に勤めているエンジニアは自分一人で働くことは少なくなった。一人のエンジニアで行える業務内容は限られてしまうため、チームで一つのプロジェクトに携わるのが一般的になっているのである。エンジニアとして自分にどれだけの実力があるのかを試してみたいという人にとって魅力があるのがフリーランスをする方法であり、仕事の種類を選べば自分一人でも働くことができる。
依頼に応じて成果物を作成して納品することにより収入を得る請負案件を選んでいれば基本的には単独で働くことになる。これまで開発に関わってきたエンジニアにとって、実力を試すにはちょうどいい仕事内容となっている。

また、システムの運用や監視などについても単独でできるタイプの案件がしばしばあるため、開発経験がないエンジニアであっても単独で働くことは可能である。一人だけで仕事に従事するのは他人の干渉を受けずに自分のペースで仕事を進められる点で魅力があるのは確かであり、成果を上げられたときにはそれが全て自分のものになる。
成果物に対して与えられる報酬も全て自分のものになるため、やりがいが多い働き方なのである。

自分一人でできる仕事であれば複数掛け持ちするのも難しくはなく、収入を増やしたいと考えても不自由はない。フリーランスをしてもチームプロジェクトに参加することは可能だが、自分の努力が直接自分自身の成果として返ってくる魅力に駆られて単独でできる仕事を選ぶ人は増えている。